ターボ車に乗ってる人は結構つけてますよね。ターボタイマー。
たまにNA車に装着してる人も見かけます。(意味あるのかな??)
色んなサイトでターボタイマーの賛否が問われていますよね。
まぁー、F1にもターボタイマーは付いてません。別にターボタイマーを付けなくても壊れません。
壊れるならメーカーが付けてるはずです。ただ、付けといて悪いことはありません。
そんな感じで装着しちゃいました。あと、ついでにブースト計も購入しました。

購入したターボタイマーはFET330ターボタイマーとハーネス。(ここのメーカー安かったから)
ブースト計はBLITZ製です。(一番安かったから)

このターボタイマーは機能が14個も付いています。
0〜400mのタイム、セキュリティー、車速、バッテリー電圧チェック、ストップウオッチ等など.........
ターボタイマーは14個の機能のうちの一つです。
もはや、ターボタイマーと名乗ってはいけないような気がします。

 

 

 

では、ランクル80にターボタイマーを装着します。

 

 

 

ハンドルの下のパネルを外して、のコネクターにハーネスを組み込みます。

 

 

今のターボタイマーって色んな機能があります。
車速パルスも取らなくてはいけないタイプでしたので、○の奥にパワステコントローラーがあります。
そこから車速パルスを取得します。(詳しくはランクル80にカーナビを付けたよを参照)

 

 

サイドブレーキの信号線も取得しましたが、サイドブレーキを戻すとタイマーが切れてしまうため
結局はボディアースに接続しました。(カーナビと一緒です)

 


あとは取説を見て、操作方法を覚えれば完成です。取り付けは非常に簡単です。
ショップで取り付けたら工賃3000円以上しますが、バカバカしくて払えませんよ。

 

 

 

次はランクル80にブースト計を装着します。

 

 

タービンから出ているホースに三又のコネクタを使用しホースを車内に引き込みます。

 

 

グロメットを利用したら簡単に車内に引き込めます。

 

 

  

あとはイルミの線(オレンジ色の線)から配線を取り、ボディーアースを取得したら完成です。
機械式ですので、すごく簡単です。
あと、ディーゼルターボ車は負圧が発生しないので針が0より下には行きませんが、故障じゃないです。

 

 

  

ちゃんと、夜は光りますよ。(当たりまえ??)

 

 

感想

ターボタイマーですが、ライトのON、OFFで、電圧が変わる為かエンジン停止と間違って
タイマーが勝手に動作する現象が起きました。
ライトのON、OFFでタイマーが作動してエンジンSTOPしたら危険ですので原因究明をいたしました。
(カギをOFFに回さないとエンジン切れないけどね)

アースを今まで適当な鉄製のボルトに共締めしてたのですが、バッテリーのマイナス端子から
車内に引いてきて、そこからアースを取得したところ、そんな現象は起きなくなりました。
ターボタイマーのような電装機器のアースを拾うにはやっぱりダイレクトに拾った方がいいとことでしょう。

 



TOPへ戻る