さてさて、皆さん海好きですか?
おいらは大好きですよ。
ある日、少年ジャンプで有名なワンピースを見てて思ったの。
『おれは、海賊王になる!』 って。

釣り好きも重なって、なんだか無性に船で釣りがしなくなったわけです。
『だったら、金払って釣船に乗ればいいだろ!』って思うかも知れませんが、釣り船っておいら1人じゃないじゃん。
あと、好きなポイントに勝手に行けないじゃん。 船酔いしてもすぐに帰れないじゃん。 錘の重さを合わせろとか、色々な制約が多すぎ!って感じでマイボートが欲しくなったわけです。
ま、ボートの種類は色々ありますので、なんのボートに乗るかは免許が取得できた後にでもゆっくり考えます。

 

 

 

 

一級小型船舶操縦士

 

おいらが取得した免許です。
一級小型船舶操縦士です。 前は4級とか5級とか色々別れてましたが、今は一級と二級のみです。(あとはジェットスキーとかの特殊免許です)
一級は長さ80フィート、重さ20tまでの船なら航行区域に制限はありません。 二級は海岸から5海里以内という制限が付きます。(5海里 → 9,260m)
普通に釣りするだけなら5海里で十分なんですが、『男なら頂点を狙え!』という精神の元、一級船舶にしました。

また法律の改正により免許がなくても長さ3m未満、出力1.5kw(約2馬力まで)のタイプなら免許が無くても乗って良いことになってます。
3mとは法律上船体の長さ×0.9ですので実際の長さは3.33m以内です。
この改正により、2馬力の船外機がもの凄く高値で売られてます。 すごい人気です。(ヘタしたら5馬力船外機の方が安い時もあります)
確かに免許不要、船検不要でカートップで運ぶっていったら維持費がほぼガソリン代とメンテ代のみですからね。(ガソリン代もたかが知れてる)
ですが、2馬力のゴムボートで海に出ても限界があります。それもかなり近い位置に。風や波によっては歩くよりも遅いスピードだし、帰れないとかも出てきます。(危険)
また、近場でしか遊べないし、釣り座は狭い......... 2馬力を改造して3.5馬力とかにしても大して変わりません。
また、2馬力以上にしたら免許なかったら捕まります。
あと海に出るなら、必要最低限の海でのルールや法規を解って居なければ自分だけではなく、周りのボートにも迷惑を掛けかねません。
そんな感じで最低でも15馬力は欲しいなぁーって思い船舶免許は必須と考えました。(15馬力以下は3海里までしか行けません)

ちなみに船舶免許がないのに無免許で船を操縦した場合は、操縦者に30万円以下の罰金、船の所有者に6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。
正直、車の免許よりもかなり厳しいです。
また、海上保安庁の見張り艇も結構浮いてますので無免許は絶対にNGです。

 

 

 

 

一級小型船舶操縦士の取得方法

 

たいていの人はスクールに通います。
船舶試験に学科、実技の習得教習時間と言うものはありません。スクールに通わないで一発試験でも受験できます。
ただ独学は、よほど努力しないとまず落ちます。学科試験は大丈夫でも、実技試験が乗らないと無理です。
知り合いにボートを持ってる人が居て、練習させてくれるなら大丈夫ですが、そんな恵まれてる環境の人は少ないですよね。
昔の一級船舶でしたら、取得が難しかったのでもってたらかなりのステータスでしたが今は免許改正でかなり取りやすいです。
それでも独学は厳しいと思うので素直にスクールに通った方が絶対いいです。私が通ったのは手稲にある札幌海洋技術専門学院です。
一級小型船舶で、学科12時間(1日〜2日)、実技6時間(1日)で、試験合格ラインに達します。(家での勉強も少しは必要ですけどね)
ここのスクールは良かったです。講師の方が、試験に出るポイントのみを集中的に教えてくれるので短期集中で勉強できます。
また、試験で使うのと全く同じ海図や過去問題をたくさんくれるので、それだけをやっていればほぼ合格します。(学科)
実技は教習艇と同じ船で行うので、これまた普通に乗ってたら合格できます。(ロープワークは家で覚えますけどね)
一級と二級の違いは、学科試験の際に上級問題が14問あるかないかです。一級にはあって、二級にはありません。
残りの一般問題(50問)は全て一緒です。また実技試験も全て一級と二級は一緒です。
上級問題は、海図、気象、台風、事故事例、機関系から14問出題されますが、どれもたいして難しくないです。
実際、私は一般と上級の勉強は2〜3日で過去問題をやったのみですが満点でした。
これから新規で取得する方は、一級小型船舶の方を取得した方が絶対にいいですよ。

実技試験は、船体の点検、トラブル箇所の見分け方、ロープワーク、一般走行、スラローム、救出、着岸、離岸等の試験を行いますが
これは落とす試験ではありません。(あまりに酷いと落ちますが.....)
安全確認がちゃんと出来ているかの合否の方が強いと思います。
例えば、着岸やロープワークに失敗しても合格します。
ですが、発進する時に周囲の確認を怠った、走行中にギアを中立にする際、後方の確認を怠った。とかの安全確認の点数が大半を占めていると思われます。
まぁ、運転技術は今後免許を取得したあとで何ぼでも身につきますが、安全確認の大切さを知ってもらうには試験の時しかないですからね。

 

 

学科試験、実技試験を受けて3〜7日後にWebで合否判定が確認出来ます。

おかげさまで、無事受かりました。(誰でも受かるねこれは.........)

 

 

そんな感じで、あっというまに免許証がきましたぁ〜。(宅急便で)
スクールだと免許の申請、発送まで行ってくれるので家で待ってるだけでOKです。
なんて簡単に取得出来るんでしょう。一級小型船舶操縦士!

 

 

 

 

 

マイボート釣りのTOPへ戻る