海に出る際には、装備を万全にしとかないと命を落としかねません。
安全第一でボートフィッシングを楽しみましょう♪

 

 

ライフジャケットです。水上バイクには着用義務がありますが、船には着用義務はありません。
ですが、命は大事です。 私は緊急時に、これがないと死ぬ自信があります。
一応、釣りの最中やクルージングの最中に装着してても邪魔にならない手動式のライフジャケットにしました。
確かに、一般的なライフジャケットは着ていてなんか違和感があり装着したくない気持ちもわかります。
(でも、このタイプなら着ていても違和感ないですよ。)
海に落ちた時は紐を引けばエアーが入り浮きます。(しかも裏側の黄色の目立つ色になって)

 

 

 

 

プラスチック製の3連ロッドフォルダーです。
ステンレス製は高すぎます。 これで十分です。
ただ何年も使っていたらプラスチック製なんで割れそうですね。

 

 

 

シーアンカーです。サイズはMサイズで 60Φ×120cmです。Mサイズは24フィートのボートまで対応してます。
これが無いと流し釣りが出来ません。
アンカーが届かない深場で使用するのが一般的ですが、浅いところで使用してもOKです。
根掛かりとは無縁のアンカーです。

 

 

 

ボートフックです。
無くてもいいですけど、あると便利。 シーアンカーもこれで拾えますし。

 

 

 

電動リール用のディープサイクルバッテリーです。 これは19Aですが13A 電動リール用軽量バッテリーもあります。
容量は1日使用する事を考えれば19Aで十分ですがシマノの1000番台、3000番台(電動丸3000H)なら13Aでも十分に持つと思います。

ただ電動丸3000 イカスペシャル、ビーストマスター、電動丸4000HPとか19Aあった方が無難です。
重さはバッテリー、ケース、充電器を全部足して6.3kgです。
バッテリーだけなら5.5kgなんで結構軽量です。
充電器とショルダーケースもセットですので他に買い足すものはありません。
しかも充電器の充電スピードはかなり早いです。

釣り船によっては『バッテリーを持参して下さい』ってところもあるので、これはバックもついてるしお勧めですよ。

 

 

 

 

鉄製の予備タンクです。20リットル用ですが、もう少し入ります。これと同じのが2個あります。
一応、備え付けの燃料タンクは24リットル×2で48リットルありますが、これでちょっと不安な量です。(2ストなんで.........)
バッテリー上がりなら手動で始動出来ますがガス欠はどうしようもないんであると安心です。
予備燃料も入れたらMAXで88リットルありますので、かなりの遠出が可能。

 

 

 

第一精工 ラーク900(ロッドキーパー)です。
深場での釣りには必需品と言われてますが、深場でなくても必需品だと思います。
まず、これがあると体力の消費が全然違います。 (常にロッドを持ってなくてもいいですからね。)
これはスピニングリールや両軸リールを使っての小物釣りや小型電動リールを使った中物釣りに最適! と言う謳い文句ですが
作りが非常にしっかりしてるので深場でも使用出来ます。
あと画像のようにスピニング&両軸用、電動リール用と2種類入ってますので非常にお買い得です。
ボルト4本で固定するんですがボートに穴を開ける為にドリルの刃も付いています。

 

 

 

 

マイボート釣りのTOPへ戻る