ワゴンRのエンジンルームからキュルキュルと音が発生するようになりました。(寒い日とかは特に............)
間違いなく、Vベルトの緩みです。

ワゴンRには多い現象みたいですね。 ベルト鳴き。

良くベルトの鳴き防止スプレーとか売ってますが、そんなの使用しても無駄無駄無駄無駄ぁーーー!!
ベルトが緩んでるんだから調整してあげないと意味がないです。 スプレーとかそういう問題じゃない。
これ、ディーラーやカーショップで行うと結構な工賃が取られますが自分でやれば無料です。
簡単なんでやって見てください。

 

 

 

まず、エンジンルームの中にあるVベルトを探します。 (2本あります) そこからキュルキュル鳴ってますよね?
あと、ベルトを指で押してみて下さい。 簡単にたわみますよね? 緩んでる証拠です。
今回はダイナモと繋がってる部分のベルトが緩んでましたので調整しようと思います。

 

 

 

まず、ベルトの張りを調整する為にボルトを緩めます。

 

 

 

 

あと、同じく下側にもボルトがあるので緩めます。 ちなみにこのボルトを緩めたらダイナモが動きます。
ジャッキアップしないと下に潜れないので、注意して下さい。 軽自動車とは言え、上から落ちてきたら死にますから。

 

 

 

 

あとは、棒かなんかでダイナモを動かしVベルトの張りを調整して下さい。(ベルトの張りの規定値は下記の図を参照)
ただ、ベルトの張りは特殊工具がないと正確には調整できません。 ですので、ベルトが鳴かないくらいの張りで問題ないです。
私はいつも手感覚ですよ。

 

 

 

 

整備書を載せます。
規定値などはこちらから確認してください。

 

※ クリックで大きくなりますよ。

 

 

 

 

 

ワゴンRのTOPへ戻る