ワゴンR RR(MC11S)にテイクオフから出てるプッシュンRを装着しましたよ。

嫁専用のワゴンRですので別に付けなくても良いと言ったらいいんですが、暇だったんで・・・・

別にタービン保護が目的ではありません。

暇つぶしです。

 

 

 

 

 

これがプッシュンRです。

今回は新品で購入しましたよ。

 

 

 

取付説明書にはナンバープレートを外して、その隙間から作業した方が楽です。

と書いてましたので外します。

 

 

 

でも結局、ナンバープレートを外した位じゃ全然作業がしずらかったのでバンパーも外しました。

 

 

 

 

まず、画像のタービン上部から出てるホースを外します。

 

 

 

 

タービン側に、付属のホースを接続して、反対側は付属のゴムキャップをしてインシュロックで外れないようにします。

 

 

 

ブローオフバルブ本体の取付けステーを取り付けます。

 

 

 

本体上部にもステーを付けておきます。

このブローオフバルブは2つのステーで固定するタイプです。

 

 

 

 

最後にバキュームホースを接続して終了です。

バキュームホース接続先はインテークマニホールドの下部分にあるゴムのキャップがしてある場所です。

(MC11Sは三叉でホースを分岐する必要はありません)

 

 

 

 

こんな感じです。

 

 

最後に本体を予め付けておいたステーとドッキングして終了です。

 

 

 

 

感想

 

アクセルオフで『パシューーーー!』となるようになりました。(当然ですけどね)

これ、結構な音で響きます。

嫁がうるさい!って言ってました・・・・

 

プッシュンRは相当レーシーな音がなりますよ。 

 

 

 

 

ワゴンRのTOPへ戻る